中古で3万円前後のミラーレスカメラを比較

中古で3万円前後のミラーレスカメラを比較

新品ミラーレスカメラはミドル以上を狙うとかなり高いので、2、3年落ちでリーズナブルに買えそうな中古のミラーレスカメラを比較してみました。

発売当初の価格から行くとX-T10、GX-7Mk2は半額以下の価格です。EOS M3は発売時点の価格がやすかったこともあり、中古でも求めやすい価格になってます。

中古価格は2018/05時点でネットで調べた参考価格です。

■中古価格、発売日などを比較

カメラ 中古価格(参考) 発売時点価格(参考) 発売日
CANON EOS M3 29800円 57000円 2015/03
FUJIFILM X-T10 37800円 87000円 2015/06
PANASONIC GX-7Mk2 38800円 82000円 2016/05

EOS M3、X-T10、GX-7Mk2の基本スペックを比較しました。GX-7Mk2に比べセンサーの大きいEOS M3、X-T10の方が重量は軽くサブ機にはよさそうです。

メインで使うならファインダーのあるX-T10、GX-7Mk2の方が便利が良さそうです。

■基本スペックを比較

カメラ CANON EOS M3 FUJIFILM X-T10 PANASONIC GX-7Mk2
画素数 2470万画素 1670万画素 1684万画素
シャッター速度 1/4000~30 秒 1/32000~30 秒 1/16000~60 秒
連射 4.2 コマ 8 コマ 6 コマ(AFC時)
モニター 3インチ104万ドット 3インチ92万ドット 3インチ104万ドット
重量 319 g 331 g 383 g

3台のカメラをレビュー

・CANON EOS M3

画素数は3台中トップですが、AF性能、連射速度、EVFがないことなど動体を撮るのには向いてないです。

ただ静止画やスナップを撮るのにはよく、EF-Mシリーズのレンズはリーズナブルで写りが良いものが多いので、レンズを一通り揃えるのに安く揃えられるがイイとこです。

・FUJIFILM X-T10

連射速度はありますが、バッファが小さいので、こちらも一発動体を撮ることはできますが、連射で追いかけるには向いてません。

FUJIFILMは発色がとても良いので、絵になる写真が撮りやすいです。

レンズは高いものが多いですが、写りの良いレンズが多いです。スナップや芸術的な写真の撮影に良いのかと思います。

・PANASONIC GX-7Mk2

発売年数が新しいだけあり、AF性能、連射等は3台の中で良い方です。動体もある程度いけるカメラと思います。

4Kフォトなども使え瞬間を逃さないカメラになってます。

レンズの品揃えもよく、システムとして揃えるのにも良いかと思います。センサーサイズが小さいのでボケ味を求めるなら、それなりに明るいレンズを用意する必要があります。

関連記事:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする