XF50mm F2のスナップレビュー(ぼけ味・解像度)with X-T20

X-T20にXF50mmのレンズを装着

X-T20にXF50mm F2を付けて、短時間ですがお試しレビューさせてもらいました。

写真はすべて撮って出しのjpeg画像です。

とても軽量でコンパクトなレンズでX-T20に付けると、良い感じです。重さは標準レンズのXF18-55mmの310gよりも、かなり軽い200gしかありません。

X-T20,XF50mmF2

XF50mm F2のぼけ味

F2.0と言うことで無難な明るさのレンズですが、ボケ味はすごく自然でキレイな感じです。

撮影データ:1/60秒 F2.0 ISO640 +2/3

X-T20,XF50mmF2ぼけ味

何気ない一枚ですが、何か味わいを出してくれて、いいレンズですね。味わいのある写真が撮れそうです。

撮影データ:1/340秒 F2.0 ISO200 +-0

X-T20,XF50mmF2あじわい

前ボケにお花を入れて、猫さんを撮りました。あくびしている瞬間を撮れました。ステッピングモーターを採用しているのもありAFも静かで高速で精度もよさそうです。

撮影データ:1/120秒 F2.0 ISO200 +2/3

X-T20,XF50mmF2猫

XF50mm F2で料理撮影(最短撮影距離)

最短撮影距離は39cmと、それなりに寄れますので、小ぶりのイカ天を撮っても、ここまで撮れます。

F2のボケ味、解像度を試したかったので、F2で撮りましたが、料理はもー1段くらい絞った方が良いかもですね。

X-T20も小さいカメラなので、お店の中等で使うのには良いかもです。

撮影データ:1/70秒 F2.0 ISO200 +2/3

X-T20,XF50mmF2料理

ゴマサバです。ISO固定にしてたもので、シャッター速度が出てませんでしたが、ノリにピントきてますね^^;;

F2くらいになると、被写界深度浅くて、最短撮影距離付近では、なかなか難しいです。

撮影データ:1/25秒 F2.0 ISO200 +2/3

X-T20,XF50mmF2料理

XF50mm F2の解像度

F5.6まで絞ると解像のある写真が撮れます。X-T20の解像度と相まって良いできですね。

撮影データ:1/550秒 F5.6 ISO200 +-0

X-T20,XF50mmF2解像度

FUJIFILMお得意の光と影も、雰囲気感ある感じで撮れます。

撮影データ:1/125秒 F4.0 ISO200 +2/3

X-T20,XF50mmF2光と影

フジノンレンズ XF50mmF2 R WRは2017/04で最安値4.4万程度のレンズですが、ボケ味は優秀で防塵、防滴、-10度の耐低温構造のレンズです。

子供を撮ったりもしましたが、ポートレートには最適でスナップでも使い勝手の良いレンズでした。

XF90mmF2を持っているので、不要かな?と思ってましたが、ここまで軽くてボケ味が良いと欲しくなる1本ですね。

現在の価格は以下を参考にされてください。

FUJIFILM 単焦点中望遠レンズ XF50mmF2 R WR B ブラック

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T20 レンズキットブラック X-T20LK-B

《新品》 FUJIFILM(フジフイルム) フジノン XF50mm F2 R WR ブラック[ Lens | 交換レンズ ]【KK9N0D18P】

関連記事:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする