XC16-50mmF3.5-5.6 OIS IIのスナップレビュー

XC16-50mmF3.5-5.6 OIS IIを料理撮影で比較

XC16-50mmF3.5-5.6 OIS IIです。前々から気になっていたので、お借りしてお試しレビューしてみました。

価格が安く、最短撮影距離が短く寄って撮れ、16mm(35mm換算24mm)始まりなのが一番の魅力のレンズです。

FUJIFILMのレンズは写りは良いのですが寄れないレンズが多い中で、このXC16-50mmF3.5-5.6 OIS IIは最短撮影距離が15cmとかなり寄れて使えます。

このため料理や食べ物、小物の撮影にも重宝します。

XC16-50mmF3.5-5.6 OIS IIとXF23mmF2で撮った写真です。比較すると、このサイズですも若干差があるかもですが、XC16-50mmⅡでも普段使いなら十分かなと思いました。

撮影機材:XC16-50mmF3.5-5.6 II + X-T1

XC16-50mmIIで料理撮影

撮影機材:XF23mm F2 + X-T10

XF23mmF2で料理撮影

XC16-50mmF3.5-5.6 OIS IIの最短撮影距離

XC16-50mmF3.5-5.6 OIS IIの最短撮影距離を活かして、小鉢に入った甘味も、ここまで寄れます。

28mm(35mm換算42mm)くらいで撮っていますが、ここまで寄れるとストレスなく使えますね。

撮影データ:F4.5 1/100秒 ISO1250 露出補正+2/3

XC16-50mmⅡで料理撮影

XC16-50mmF3.5-5.6 OIS IIをテレ端、ワイド端でレビュー

テレ端の50mmで撮影です。解像感は値段なりくらいかな?さすがにXF18-55mmや、XF16-50mmより落ちる気がしました。

テレ端になると開放でもF5.6になりますので、ボケを求めたり、室内使用等を考えるならXFレンズ使った方がという感じです。

撮影データ:F5.6 1/350秒 ISO400 露出補正+2/3

XC16-50mmⅡでテレ端望遠側

ワイド端の16mmで撮影です。解像感はもーひと押しかもですが十分使えるレベルです。それより16mm始まりなので使い安いですね。高くあがった噴水も画角に入れれました。

FUJIFILMには同じくらいの焦点距離の標準ズームが3本あり、値段差はかなりありますが、やはり撮ってて楽しいのはXF16-50mmF2.8ですが、それぞれのレンズに味付けしてますので、このXC16-50mmⅡも価格と寄れるレンズってことを考えると、持っててもいいかなーと思わせるレンズでした。ただ質感はXFレンズに比べるとかなり落ちますよ。

撮影データ:F3.5 1/250秒 ISO2500 露出補正+1/3

XC16-50mmⅡでワイド端広角側

Ⅱの付かない、XC16-50mmは最短撮影距離が30cmなので、Ⅱほど寄れないレンズですので買うならⅡ付きがよいと思います。

FUJIFILM フジノンズームレンズ ブラック XC1650mmF3.5-5.6OISⅡ

FUJIFILM フジノンズームレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR

中古で探すなら、こちらもご参考までに

マップカメラ楽天市場店

関連記事:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする