X-T1でホタル撮影と事後の合成について

X-T1にTouit32mm/F1.8撮った写真と比較明合成

X-T1にTouit32mm/F1.8を付けて、ホタル撮影に来ました。

最初から合成ありきで、それほど長時間シャッターを開けてません。もちろん三脚は使用しています。

2秒で8枚写真を撮り、事後で8枚の写真を比較明合成しています。

比較明合成すると明るいとこだけ合成される感じで、ホタルの光だけ合成分増えていく感じになります。

撮影時間T秒(2秒)でISO1600程度(あまり高感度にするとノイズが載るので)、F1.8で撮影しています。

X-T1は「メニュー」→「インターバル撮影」で周期的に写真を撮ることもできるので、合成して使う前提ならそれで撮るのもよさげです。

X-T1でホタル

手前はボケたホタルの写真と奥にある程度ピンがあっている写真の3枚を比較明合成しています。

こういう感じの写真を作るために、ピンをずらしてホタルを撮った写真を撮っておくのもありですよ。

X-T1でホタル

月とホタルの共演

こちらは合成していませんが、RAWから事後で露出調整や色合い等の調整はしています。

手前の枝にとまっていたホタルをアクセントにしています。

月明かりがホタルに比べるとかなり明るいので、素直に撮って出しだと案外むずかしいです。

X-T1でホタルと月

関連記事:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ワル猫です より:

    RAWとかやったことない~ フォトショップとかも持ってないし。
    でも、最近はカメラだけで合成するやつとか、簡易的なソフトもあるようですね。
    今年はまだホタル行ってません~
    小城市の蛍は結構すごいですけど、糸島も結構たくさんいるじゃないですか~

  2. ibuki より:

    ワル猫さんへ>
    こんばんはー
    比較明だけなら、簡単なフリーソフトとかでも
    できるのあるみたいでしたよ。
    小城のホタルすごいですよねー
    車の光とか入ってこない方が撮りやすいんで
    穴場的なとこの方が撮りやすいです。
    小城メジャーすぎて人が多いので、平日とかだと良いかもですね。(写真を撮ると言う意味ではですが。)